データ活用成功例:GE様

データ活用の成功事例として、GEのインダストリアルインターネットをご紹介します。
図の下部に記載がある、プレディックスプラットフォーム、プレディクティビティーソリューションズは、実際のデータプラットフォームです。このデータプラットフォーム上で新しいIoT・インダストリアルインターネット・クラウドサービスを含めて実現しています。ビジネスゲストコーナーと記載しているところは、上部の交通、航空、ヘルスケア、エネルギーの各事業部のビジネスアイディアを持っている人たちが、入ってくるコーナーです。
次に、デザインセンター入ってきて、データサイエンティスト=データを分析する人と、アジャイル開発者=アプリを開発する人、このビジネスアイディアを持っている人と、分析する人と、開発する人、この3者が一体になって、新しいサービスを開発しています。

79783e848ee73ff6122714fd8d707aa9b94a0229
図1 データ活用の成功事例=GEのインダストリアルインターネット

データ活用推進の3つのフェーズ

データ活用推進の3つのフェーズにおいては、ビジネスゲストコーナーに入ってくるビジネスアイディアを持っている人は、データ活用において、何を実現するかのアイディアを持っている人です。
二番目の活用テーマは、実際にデータ活用を実行、分析してロジック作成、データを準備、実行するフェーズで、データサイエンティストと、アプリの開発者が対象です。
結果、データ活用の環境を準備するためにプレディックスプラットフォームがあり、GEにおけるインダストリアルインターネットを支えているプラットフォームがあります。
企画・実行・環境整備、この3つのフェーズとなるのです。

E8d1e066136a9876d0050f001f7f6fa35492bcc6
図2 データ活用推進の3つのフェーズ

3つのフェーズを実現するために、活用テーマ・データ・ロジック手法等が決まります。

1つは、テクノロジー(プラットフォーム)がベースにあり、その上で、アイディアを持ち、分析を実行する人・スキルが重要となります。

3baec6249cede1a7890cadbe7b57a055b1f893e4
図3 データ活用推進の3つのフェーズ②

データ活用を推進するには

データ活用を推進するために、ITと業務という軸の両方が必要になります。右下ITの部分は、テクノロジーやプラットフォームの提供をしています。左上業務の部分では、データが活用をし、その結果、ビジネスにおいて何ができ、何を解決できるか、そしてそれを実行していくような人たちを示しています。では、スキル・手法・人材等を整備していくためにはどうすればいいのでしょうか。

F52d1dde2fee0ebca3aa2f257944afcff1e94893
図4 先進的なデータ活用を推進するには?